残留農薬について

果物や野菜より、動物性食品(肉、魚、乳製品、卵など)の方が、はるかに農薬汚染されていることをご存知ですか?

EDA(米国環境保護局)刊行の「農薬監視ジャーナル」の記事や、FDA(米国食品医薬品局)の研究により、私たちの体にある主な残留農薬源は動物性食品であることを明らかにしています。

日本の調査でも、魚に含まれる有害物質PCBは、緑葉野菜や米の9.5倍、豆類の85.7倍、果物の200倍、いもや雑穀類の600倍であることがわかっています。

私たちは、残留農薬のついた野菜を食べるにしても、まず洗って食べますが、人間の食用となる動物たちは、飼料として与えられる農薬つきの穀物や牧草などを洗ってから食べているわけではありません。

これらの農薬は、動物の脂肪組織や筋肉組織の中に蓄積されていき、その濃度はもともとの飼料に付着していた残留農薬の10〜20倍にも達します。

動物の肉を食べる人々は、自分のからだの脂肪組織の中に、その動物の体内にため込まれた高濃度の農薬を蓄積することになるのです。

動物性食品を食べている母親の母乳で育てられている赤ちゃんは、人類の中で最も濃度の高い農薬を取り込むことになります。

米国の調査では、最も強烈な発ガン物質ジェルドリンは許容量の9倍、PCBは10倍にも達しているといいます。

ベジタリアンの女性の母乳の平均農薬汚染レベルは、アメリカ人女性全体と比べてそのわずか1〜2%にすぎません。

このことは、ベジタリアンの食事をしていれば、残留農薬の摂取をいかに減らせるかを如実に表しています。

たくさんの旬の野菜や果物を食べて、健康を維持しましょう!

また、毎日、いろいろな種類の新鮮な愛媛みかんを食べましょう!

『スイートスプリング』について

◆スイートスプリング

  《はっさく(八朔)×温州みかん》の交配品種


●POINT

1.果皮が硬い。しかし、果肉は柔らかくジューシー!
 ナイフでカットし、オレンジのように食べるのが一番!

2.酸味が非常に少なく、誰にでも美味しく食べられる!
 酸味が苦手な方には、特におススメ!

3.さわやかな甘み! 春の香り!
 宇和島産は、糖度13度。ハウスみかん並み!

4.皮が厚く、病害虫に強い!
 無用薬栽培で、安心!安全!

5.希少みかん!
 おいしくて、安全! 消費者におすすめのフルーツ!

『サマー清見』について

◆『サマー清見』
 【別名】星タンゴール、輝き、輝きタンゴール、グリーンタンゴール・・・。

POINT

1.清見タンゴール(宮川早生×トロビタオレンジ)の枝変わり。

2.外皮は、鮮やかなレモン色(黄色)。

3.外皮は硬く剥ぎにくい。
 反面、果肉はとろけるように柔らかく、
 果汁が溢れ出すほどにジューシー!

4.さっぱりした甘さ! 
 しかし、糖度は、2、3度高いうえに、
 酸味が非常に低いため、口当たりが驚くほど甘い!

5.爽やかな見た目からは想像できない味!
 オレンジの香り!風味!

6.愛媛県特産品種。稀少みかん。

7.宇和島産は、最低でも糖度15度!

愛媛みかんに新品種3姫登場!

●【まりひめ】

・ポスト伊予柑。

・アルジェリア原産の柑橘「クレメンティン」を母に、
「南柑20号」を交配したマンダリンタイプの柑橘。

・果実は200〜250gで濃いだいだい色。

・成熟期は12〜1月。糖度は13度まで上がります。

・表皮がむきやすくて、じょうのう(中袋)ごと食べることができます。


●【はれひめ】

・オレンジのような風味、食味良好。

・宮川早生と清見タンゴールの交配。

・果実は平均 180g位で扁球形。

・果皮は橙色で、厚さ4mm内外、やや厚いが柔らかく、
手で容易にむけます。

・果肉は橙色で、じょうのう(中袋)が比較的薄く
柔らかいので食べやすい。

・果汁の糖度は10%内外で比較的低いけれど、減酸が早く、
オレンジの様な風味があり食味は良好。


●【あいひめ】

・高糖・早生系温州みかんの切り札。

・「楠本早生」を母に、「太田ポンカン」を交配育成した温州みかん。

・果実は100g前後で、濃いだいだい色。

・11月下旬で糖度12度以上・酸0.9%にまでなる温州みかんです。

『はるみ』の紹介!

カンキツ新品種「はるみ」は、「清見タンゴール」に「ぽんかん:F-2432」を交雑して育成したみかん。

「でこぽん」の姉妹品。 系統番号は「カンキツ興津44号」。

晩生種カンキツの「清見タンゴール」は、果肉が柔軟多汁で、オレンジの風味があるなど優れた特性を備えている。

しかし、剥皮が困難で食べづらい。

一方、「ぽんかん」は、早熟で食味が良く消費者の嗜好に合っているが,収量が低く,果実にす上がりが生じやすい。

この両品種の交雑により,早熟で食味が良く,剥皮が容易でじょうのうが薄く,また,種子が少なく食べやすい温州みかんタイプのカンキツの育成を試みた結果、「はるみ」が生まれました。


【POINT】

1. 果実は100〜200g程度で,果形は扁球形。

2. 果皮色は橙色で果面は滑らか。果皮は薄く軟らかく,剥皮が容易。

3. 果肉は橙色でポンカンに似ており,比較的柔らかい。
  じょうのうが薄く柔らかく,種子が少ないので食べやすい。

4. 糖度が比較的高く、酸が弱い。 食味良好。

5. 収穫時期が遅れると浮皮が生じ,また,果皮が薄いため障害を受けやすい。
  適切な収穫時期を把握する必要あり。

『小夏みかん』の紹介!

“小夏(こなつ)みかん”って知っていますか?

日向夏とも、ニューサマーオレンジとも紹介されている、今からの時期美味しい!独特の食べ方をするカンキツです。

以下、説明します。

日向夏(ひゅうがなつ) :学名 Citrus tamurana hort. ex T.Tanaka

起源:

原産地は宮崎県で、1820年に宮崎市の真方安太郎の邸内で偶発実生として自生しているのが発見されました。

発見時には酸味が強く、食べられることはなかったのですが、その後に広く栽培され始め品質改良が進みました。

現在では、宮崎県以外(高知県、愛媛県、熊本県など)でも栽培されています。

宮崎県以外では、小夏(こなつ)や土佐小夏(とさこなつ)、ニューサマーオレンジと言う別称で出荷されています。

特徴:

日向夏は、ゆずが突然変異したものと考えられています。

果実は温州みかんよりやや大きく、表皮は黄色で厚さがあり、でこぼこが少なくのっぺりとしています。

果肉は酸味・甘みが適度にあり、独特の風味が強い。

どちらかと言えば、グレープフルーツやレモンの味に近い。

尚、他のカンキツ類とは違い、果実の表皮における白い部分(内果皮:アルペド)もそのまま食べられます。

この白い部分は、ふかふかとした食感があり、苦味や渋みがなく、逆に甘みがあるのです。

そこで、皮の黄色い表面(外果皮)だけを薄く剥いで、全体をナイフでスライスして食べるのがお勧め。

『せとか』について

品種名:せとか

昭和59年に、高糖度の(清見タンゴール×アンコール)に、高品質のマーコットを高配して“せとか”が誕生しました。

POINT

1. 「どっちの料理ショー」で特選素材キングオブみかんと紹介され、人気沸騰!

2. 外皮・内皮ともに極めて薄く、果肉も引き締まり、果汁たっぷり!

3. 剥きやすく!種もなく!袋ごと食べられる!

4. 深みのある芳醇な香り!豊かな食感!さわやかで奥深い甘さ!

5. 一度食べたらヤミツキになる美味しさ!

6. 新品種の為、生産者が少なく、流通量も少ない!幻の高級みかん!

黄金柑(おうごんかん)について

黄金柑(おうごんかん)の紹介

明治時代から鹿児島県日置郡東市来町近辺で知られ、黄みかんと呼ばれていました。

起源は不明。

おそらく温州みかんと柚子の自然交配で発生したものだろうといわれています。

愛媛や静岡では「黄金柑(おうごんかん)」と呼ばれています。

これは、本種を愛媛県に導入した村松春太郎氏の命名によっており、この名の方が通用している。

味がいいので、最近「ゴールデンオレンジ」とも呼ばれ始め、人気がでてきました。

今まで、小さい実のため、出荷して販売する商品としての実が無く、家庭用に少量栽培するのが主流でした。

”幻のみかん”と言われる所以です。

果実は80グラム前後の小果。短球形。

果面は黄色で油胞が凹みやや粗い。果皮は厚さ2〜3mm。剥皮は容易。

種子は3〜4粒、まれに無核。白色多胚。

果肉は淡黄色で柔軟多汁。

甘味が強く、酸は適度で芳香があり大変風味がよい。

2〜4月が熟期。

POINT!
1.小粒でかわいらしい!
2.果皮、果肉ともに鮮やかな黄色で、見た目と違い大変甘く果汁も多い!
3.柚子の香りを漂わせ、甘味と酸味がとても良く調和している!
4.果糖のさわやかな味! 春の訪れにピッタリ!
5.生産量少なく、希少価値!

黄金柑(おうごんかん)

でこぽんについて その二

でこぽんは、その名前の通り、上にでっぱりがあります。

このでっぱりを、“でこ”と呼んでいますが、これは若木だけの特徴です。

成木になると、無くなってきます。

どこの産地も、木が成木になってきたでしょうから、この“でこ”の特徴は徐々に無くなってくるでしょう。

すこし、さみしいかな?

ただ、成木になるほど味は良くなってきます。

でこが無くなっても、でこぽんに変わりはありません!

見かけが変わっても、驚かないで下さい!

でこぽんについて

でこぽんの品種名が、「不知火(しらぬひ)」です。

当初、熊本県が通称「でこぽん」の名称を標章登録して他の産地が使用することを認めませんでした。

そのため、例えば愛媛県では「ひめぽん」として売り出しました。

他の産地もそれぞれ独自の名称を作りました。

これが、消費者に大きな誤解と混乱を生んだ為、熊本県が使用を許可しました。

そのおかげで、通称名の「でこぽん」が一般的に使われ始めたのです。

しかし、熊本県では、糖度15度以上の美味しいものを「でこぽん」と呼び、15度未満のものは「不知火」と呼び分けるように要望を出しています。

守っているところもあれば、全く無視しているところもあります。

消費者の方は、通称名と品種名の違いだと理解していただいてけっこうです。

ただ、熊本県の要望で分かるように、でこぽんの美味しさの基準は、糖度15度です。

購入時にちょっと気にかけて、宣伝文を読みましょう!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。