健康のため、毎日愛媛みかんを食べよう!

その13. ヘスペリジン

温州みかんの中に含まれる成分ヘスペリジンに、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状に強い効果があります。

ただし、この成分は、未熟期には多量に含まれていますが、完熟期には少なくなります。

人間のかゆみは、マスト細胞が破れて、中からヒスタミンが放出されることから始まります。

ヘスペリジンには、マスト細胞の膜を安定化する作用があり、このために細胞が破れずにヒスタミンが抑制されるのです。

最も有効な方法は、輪切りにして天日で乾燥した物を、煎じてお茶代わりにしたり、入浴剤として使う方法です。

ヘスペリジンはこのほかにも、毛細血管の強化、血圧上昇抑制、血中中性脂肪の分解などの健康効果があります。

ヘスペリジンは、いわば血管のメンテナンス役です。

血管そのものを丈夫にする働きもあります。

このヘスペリジンは、外果皮と果肉の間にある白い中果皮に最も多く含まれています。

みかんを食べるときに、この中果皮(スジ)をわざわざきれいに取って食べる人が多いのですが、この中にヘスペリジンがあるので、そのまま食べることが大切です。

ヘスペリジンの含有量は、袋では実の50倍。スジでは、実の300倍です。

健康のため、毎日愛媛みかんを食べよう!

<愛媛みかんに含まれる有効成分>

その12. リモノイド

リモノイドは、カンキツ類の苦味の主原因です。

リモノイドからも発ガン抑制効果が認められました。

コップ一杯のバレンシアジュースには、約65mgのリモノイド配糖体が含まれています。

アメリカでは、ガン協会の推奨でオレンジジュースの消費が伸びています。

健康のため、毎日愛媛みかんを食べよう!

<愛媛みかんに含まれる有効成分>

その11. ノビレチン

これもフラボノイドの一種です。

白血病細胞の分化誘導、腫瘍細胞の増殖抑制などが報告されています。

同グループから、β‐クリプトキサンチン、オーラプテンと同時に発表さました。

ガン予防のほか、ガン細胞の転移、湿潤の予防にも重要な役割を発揮すると期待されています。

健康のため、毎日愛媛みかんを食べよう!

<愛媛みかんに含まれる有効成分>

その10. オーラプテン

もう1つは、みかんの他、夏みかん、ハッサク、グレープフルーツ、ゆずなどの果皮に含まれる「オーラプテン」という香りの成分です。

オーラプテンは、果皮1kg中に60〜100mg位含まれていますが、果肉にはほとんど含まれていません。

市販の果汁飲料は果皮ごと搾られるため、カンキツジュースにはある程度含まれています。
(多いもので1.8mg/1リットル)


健康のため、毎日愛媛みかんを食べよう!

<愛媛みかんに含まれる有効成分>

その9. β‐クリプトキサンチン

みかんの果実に含まれる2つの成分に、強い発ガン抑制物質が含まれていることが、日本の研究グループにより発表され、平成10年5月14日付けの新聞各紙に掲載されました。

1つは、「β‐クリプトキサンチン」といって、温州みかんの果肉に多く含まれる色素で、マウスを使った実験で、皮膚腫瘍の発生抑制効果を確認されました。

実験結果によれば、β‐クリプトキサンチンを1日に1mg摂取すると、発ガン予防の効果が期待できるとのことです。

これは、人参などに多く含まれ、以前から効果が確認されていたβ‐カロチンよりもはるかに強い発ガン抑制効果(約5倍)があります。

温州みかんには、このβ‐クリプトキサンチンの含有量が特に多く、1個(約100g)につき1〜2mgほど含まれ、完熟させるほど含量が多くなります。

β‐クリプトキサンチンは、オレンジ類やグレープフルーツ、あるいはレモンなどにも含まれていますが、量はごくわずかです。

温州みかんに含まれている量は、これらの約60〜100倍あります。

愛媛みかんを、毎日1、2個食べるだけでガン予防の効果が期待できます。

健康のため、毎日愛媛みかんを食べよう!

<愛媛みかんに含まれる有効成分>

その8.  シネフリン

みかんには多く含まれていますが、他の果物にはあまり含まれていません。

風邪に有効な成分で、気管支の筋をゆるめる作用があり、のどに関係した風邪に効果があります。

健康のため、毎日愛媛みかんを食べよう!

<愛媛みかんに含まれる有効成分>

その7. 食物繊維

愛媛みかん類には、センイ質がたくさん含まれています。
(特に、皮・袋・スジの部分)

センイ質は、胃での消化吸収に時間がかかるため、糖尿病の原因となるインシュリンの分泌不足をカバーしてくれます。

また、腸内細菌によって分解され、大部分は体外ヘ排出されます。

この時、センイ質が体内でできる有害物質を吸着してくれるのです。

センイ質のペクチンは、水溶性の良質な繊維で、腸の中で水分を調節し、便秘を解消します。

逆に下痢を抑える効果もあり、整腸作用はバツグンです。

その上、静脈瘤などの病気を防止する働きもあります。

健康のため、毎日愛媛みかんを食べよう!

<愛媛みかんに含まれる有効成分>

その6. ビタミンC

成人の、1日に必要量なビタミンCは、1人50mgです。

これは、愛媛みかん2個分です。

ビタミンCが不足すると、皮下出血、貧血などを起こしやすくなります。

また、ビタミンCはコラーゲンの老化を防ぐので、肌を美しくする効果があります。

その上、ストレスに対する抵抗力を強め、細胞のガン化を押さえる作用もあります。

他の果物とビタミンC含有量を比較すると、100g中、レモン:90mg、キウイ:80mg、イチゴ:80mg、グレープフルーツ:40mg、愛媛みかんは35mgです。

一見少ないように思えますが、ビタミンCは水や熱や空気に奪われ易いのです。

だから、切って食べるものと比べると、愛媛みかんは食べる直前まで皮や袋に守られているので、摂取効率が良いのです。

健康のため、毎日愛媛みかんを食べよう!

<愛媛みかんに含まれる有効成分>

その1. 柑橘系の香り(愛媛みかんの香り)

柑橘(愛媛みかん)特有のあの”爽やかな香り”には、覚醒効果があり、眠気を覚まし、頭をスッキリさせる効果があるんです。

単純作業を続けることの多い人は、ストレスの蓄積により、体を守る抗体量が減少し、免疫力が低下しています。

朝の愛媛みかんで目覚めスッキリ。

さらに免疫力もつけて、風邪の流行から体を守りましょう!

一日2個の愛媛みかんを食べる習慣は、あなたの健康を守ります。

南柑20号みかん

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。